会津大を勧める理由と勧めたいタイプ。

会津大をおすすめするのは、情報系なのに外国人教員が多く、就職にも強いこと。それだけでは大学に合うのかどうかはわかりにくいので、おすすめしたいタイプをあげておきます。

 

おすすめするのは、

・情報・技術の授業以外でプログラミングや電子工作などの経験がある人

・ゲーム作りたい、などコンピュータでなんとなくやってみたいことがあって、ほかにはやりたいことが思い当たらない人。

・入試の偏差値的には会津大より少し上の大学を狙う人

・英語で授業受けてみたい人

・就職するならIT関係がいいと思う人

 

始めの1〜2年の間は、自分が友達に比べて勉強ができなかったり、モチベーションがあがらないと吸収率が悪くなります。それに合わせて初めて1人暮らしをすると結構きついです。真面目なタイプの人は、偏差値のランクを落とすのもありだと思います。

IT関係の仕事に就きたい、だけど何を選んだらいいかわからない、まずは幅広く知りたいという人にも良いと思います。 

 

おすすめしないのは、

・他人にかなり流されやすい人

・コンピュータあまりやりたくないのに就職のためだけ、親や先生の勧めだけで選んだ人

・CGやりたい、プログラミングだけやりたいなど完全に身に付けたい技術が決まっている人

・結構遊びたい人(就活と卒論提出以外は頑張りたくない人)

・とりあえず英語できるようになりたい人

 

高校でも同じですが、どの学校でもサボる人はいて、そういう人に流されやすいとどんどんサボるようになります。だれてきて単位を落とし始めるだろうし、実は授業をきちんとマスターしていないと同じ情報系の専門学校の人にはかなわないです。

プログラミングの基本だけなら専門学校の方がみっちりやると思います。2年早く働くことになるので、実践スキルつくのが2年分早い。

それに1年生は学期中、そんなには遊べない(サークルに、さらにバイトをいれると、キツいという印象)。遊びたいなら東京の文系大学、特に男子にとっては英語系や国際関係であれば女子の比率が高いので、そっちの方がたぶん楽しいと思う。

あと、英語がペラペラになるには自分で勉強が必要です。TOEICなども自分で多少勉強した人は点が高いですが、そうでない人は授業で一時的に伸びても落ちてしまうと思います。

 

その他の要素については、

地元が近くないとか、冬の寒さの心配もあります。それでも県外からの学生は多いですし、入るサークルなど友人関係によって居心地は変わるのであまり関係がないと思います。また、造りがしっかりしている家、暖房器具を選べば、東京よりも家の中では暖かく過ごすことも可能です。